デリヘル嬢の相談に乗ってあげよう

デリヘル嬢の相談に乗ってあげよう

悩みを聞こう

人間誰しも何かしらの悩みはあります。大きいものから小さいものまで、いろいろなものがありますが、小さいものの場合は大抵誰かに話すと楽になったり、気にならなくなって気が付いたら解決していたなんていう事もあり得ます。しかし、悩みを打ち明けることができる関係と言うのはなかなか難しいもので、ある程度の信頼関係が無いと成り立たないものでもあります。とはいえ逆に、今日だけの関係だからこそ話すことができることと言うのもあるようです。そして、悩みを聞いてくれた人には、かなり良い印象を持つことが多いので相手とその場だけでも仲良くなりたい場合にはとても有効なのです。

一期一会だからこそ

例えばデリヘル嬢とお客さんの関係と言うと、オキニ嬢と常連であれば何度も顔を合わせることもありますがフリーでついてくれた女の子を再度指名する率というのはそこまで高いものではないと思います。あえて意識的にフリーでのみ楽しむという人も居るでしょうから、そういう人の場合は一度会った女の子に再びフリーで会うというのはかなり確率の低い話になるでしょう。

そういう一期一会の関係だからこそ、相談に乗ってあげられる事や聞いてあげられる話と言うのもあると思うのです。とはいえ、初対面の女性にいきなり「悩みあるなら聞くよ?」なんて聞いたら逆に警戒されてしまいます。初対面の相手に自分のことをベラベラしゃべりたがる人はほとんどいないでしょうから、当然ですよね。

まず自分の悩みを

ではどうするのかと言うと、まず自分の悩みを聞いてもらうのです。どんな些細な事でもいいんですが、あくまで自分はとても困っていて悩んでいるという感じで話す事が大切です。そして、話し終わったら最後に「聞いてもらえてよかった。仲の良い人だと逆に話せなくて、抱え込むのもつらくて困ってたんだ」と言ってあげましょう。これによって、相手に初対面の相手に自分のことを話すことは怖い事ではないという印象を持たせることもできますし、相手の弱みを知ったことで親近感を抱かせることもできます。

もちろん、相手にも「今聞いてもらって、話すと楽になるって実感したよ。もし話したい事あったら、悩みでも愚痴でも聞くから言ってね」と言う事が大切です。そしてそれ以上はとくに話を求めることもせず、さっさとプレイに移る事が大切です。ぐいぐい押されると話してくれない事も多いですが、さっと手をひっこめられると掴みたくなるのが人間の心理なので、悩みがあれば打ち明けてくれるかもしれません。その時は、特に何かを意見するのではなく、ひたすら聞き役に徹してあげるようにしましょう。

そしてこれがデリヘルを利用する上でどのように役立つかと言うと、その女の子と打ち解ける一番の近道と言えるのです。例え相手に悩みが無かったり、悩みを話してもらえなかったとしても、こちらの悩みを打ち明けたという事実が女の子にとっては重要になります。この人は私を信用してくれていると思うと、気持ちの距離が近づきやすいのでとてもおすすめのコミュニケーション術です。