デリヘルの2つの支払方法

デリヘルの2つの支払方法

デリヘルを利用する前に、まずは支払方法を確認しておきましょう。デリヘルの支払いは、基本的に前金です。プレイ前にオプションの有無など内容確認して、合計金額を女の子に渡します。その際、女の子は携帯などで店側と連絡を取ります。支払いは基本的に現金ですが、クレジットカードも使用できることもあります。

カードを使う場合

手順

クレジットカードを使う場合は、カード番号、利用期限、カード名義人の名前を伝えます。すると、店側がカード会社に番号を問い合わせ、利用できるカードかどうか確認します。特に問題がなければ決済が終了し、店側から利用者に決済完了の電話・メールが届きます。店舗によっては、クレジットカードの不正利用対策として、運転免許証など本人確認できる書類を提示するよう求められることもあります。古本屋で本を売却する時なども、運転免許証の番号をその場で控えますよね?それと同様に、運転免許証の番号を女の子が店側に電話で伝えます。運転免許証のコピーや写真を求められることは、基本的にありません。

悪用が心配

クレジットカードを使用する場合、「情報を悪用されてしまうのではないか?」という不安があるかもしれません。確かに、クレジットカードの情報があれば、カード自体がなくてもインターネットショッピングできてしまうので不安に思う方も多いと思います。しかし、カード会社には加盟店の情報がすべて筒抜けですので、クレジットカードを悪用すればすぐに足が付いてしまいます。わざわざ犯罪を犯さなくても稼ぐことができる業界ですから、大きなリスクを背負ってまで犯罪に手を染める業者はあまりいません。実際、デリヘルでクレジットカードを悪用されたという体験談を聞いたことはあまりないと思います。

万が一のことがあっても

万が一クレジットカードの情報を悪用されてしまい、不利益を被ったとしても、カード会社に連絡すれば損害を補償してもらえます。また、カードで支払った後に女の子が帰ってしまうなど、何かしらトラブルが生じてサービスを受けられなかった場合、カード会社に連絡すれば決済を中断・キャンセルすることができます。クレジットカードを使用すると、直接支払う相手がカード会社になるので、支払いについて店側と揉めた場合も、何かと対処しやすいというメリットがあります。また、カード会社からの請求名も、デリヘルと分からないように店舗名以外の名前で請求するなど、利用者に配慮しているケースも多いです。

導入店舗は少ない

ただし、クレジットカードの決済システムを導入すると、店側がカード会社に決済手数料を払わなくてはならないため、導入していない店舗も多いです。また、決済手数料は基本的に店が負担すべきものであり、利用者から徴収してはいけないことになっていますが、店舗の中には請求額に上乗せするケースもあります。クレジットカードを使用したい場合は、カードを利用できるかどうかということも含めて事前に確認した方がよいでしょう。利用者に黙って割増請求した場合も、カード会社に連絡して決済を中止してもらうことができます。

現金が安心

もしもクレジットカードを使用することに不安があるなら、やはり現金払いの方がよいでしょう。現金払いなら、その場で取引が完了するので、後から余分な費用を請求される恐れもありませんし、個人情報の流出を恐れる心配もありません。

トラブルがないわけじゃない

ただし、現金払いもまったくトラブルがないというわけではありません。たとえば、通常であればプレイ前に女の子に直接お金を支払うこととなりますが、女の子が来る前に店のスタッフが来て、「女の子がフロントで足止めさせているから、代わりにお金を取りに来た。女の子はすぐに来るので、前払いしてもらいたい」などと言って、支払いを要求するケースがあります。これは注意が必要です。というのも、先にお金を払ってしまうと、女の子が来た後でキャンセル(チェンジ)できない可能性がありますし、一向に女の子が来ずお金も戻ってこないというケースもあるからです。クレジットカードと違い、現金を渡してしまっているので、トラブルが起きて解決しにくいというデメリットがあります。

ほとんどの場合は安心

このようなケースは、一部の悪質業者によるものであり、ほとんどのお店では支払いに関する問題は起きていません。真面目に運営している業者でしたら、こんなトラブルがあれば二度とお客さんが来てくれないですし、悪い噂もインターネットであっという間に広がってしまうので、支払いに関しては非常に気を遣っている業者の方が多いです。インターネットで各店舗の口コミ・評判を調べてみると、優良店かどうか簡単に分かると思います。

もし悪質店舗に当たってしまったら

万が一悪質な業者を選んでしまったとしても、女の子が来る前にスタッフがお金を回収しに来たら、その時点でキャンセルしてしまいましょう。「約束と違うからお金を払えない!」といえば、それ以上文句を言われることもありません(むしろこちらが文句を言う立場です)。この点に注意すれば、現金払いのトラブルはほとんど解消できたといってよいでしょう。