耳攻めで快感アップ!効果的な耳の攻め方とは?

耳攻めで快感アップ!効果的な耳の攻め方とは?

とても敏感な部位

耳は身体の中でも非常に敏感な部位であり、息を吹きかけられただけでもビクッとなってしまいます。

好き嫌いがある

そのため、耳を攻めることで大きな快感を与えることもできますが、敏感な部分なだけに、人によって好き嫌いが分かれます。しかし、そこだけをピンポイントで攻めるのではなく、全体のプレイの一環として随所に挿入するのであれば、相手もあまり意識せずに触らせてくれるでしょう。他のプレイと比べるとあまり目立ったものではありませんが、耳攻めをマスターするとプレイ全体の質を向上することに役立ちます。

プレイの流れをとらえよう

耳を攻める時は、そこだけ舐めたり触ったりしてもただ驚かれてしまうだけですから、全体の流れをとらえる必要があります。一番簡単なのはプレイを始める時です。たとえば、これからプレイを始める時に耳の外側に触れ、人差し指と親指などで軽く挟んで擦ります。耳たぶを擦られるのは気持ち良いですし、外側ですので抵抗されることもないでしょう。相手が指の感触に気持ちよさそうなそぶりを見せたら、そのまま指を揃えて首筋をすーっとなぞり、そこから全身へと自然な形で攻めていくことができます。いきなり首や胸を触ったり抱き着いたりするよりも自然ですし、相手も気持ち良くなっていますので、緊張感が薄れてリラックスした状態で始めることができます。

舐めたいときは?

では、舐める時はどうすればよいのでしょうか。これも、いきなり舐めたりすれば身体を硬くさせてしまいますので、背中などを舐めている時にだんだん顔の方へと舌をなぞらせてゆき、顔の側面から耳たぶへと自然な形で移動させます。まずは外側を攻めていきます。耳たぶを舌先でプラプラと動かしたり、外側から内側付近に舌を出し入れしたりします。その際、舌先が柔らかいとあまり感じませんので、舌を固くして尖らせます。あまり奥に入れると恐怖心を与えてしまいますので、入り口付近をレロレロ舐めるとよいですが、同じ動作が続かないように内側の突起のような部分に舌をひっかけて、はじかせるように動きに変化をつけましょう。指で触る時も、入り口付近をチョロチョロと出し入れしますが、指が大きいとそのまま詰まってしまいそうな怖さがありますので、人差し指や小指など細めの指を使用しましょう。

濡らしすぎないように

ちなみに、漫画などで耳をペチャペチャ舐めるという表現がありますが、音がするまでベロベロ舐めると、それだけ唾液が付きます。唾液がべったり付着するというのは、いくら好きな人が相手でも気持ちの良いものではありません。興奮しているとたくさん舐めてしまうこともあると思いますが、あまり濡らしすぎないように加減することも大切です。