覚えておきたい3Pの注意点

覚えておきたい3Pの注意点

夢のようなプレイ

男性にとって3Pは夢のような存在です。普通に生活をしていてもほとんど複数プレイをするチャンスというのは訪れません。一生のうち1回あればいい方です。そのくらいレアなことなので、知り合いなどから話を聞くとうらやましく思いますよね?しかし、ちょっとお金を払うだけで意外に簡単に体験できてしまいます。お金を払ってでもやってみたいという人は派遣型ヘルスを使ってください。ただし、お店によってサービスを提供しているところと提供していないところがあるので事前に確認を取ってください。来るのがプロの子なのでみなさんそれ相応のテクニックを持ち、ビジュアルやスタイルを期待していいでしょう。普通に複数プレイをするよりもむしろこっちの方が楽しいかもしれません。ただ、何も知識を持たずに利用するのは危険なので最低限注意しておきたいことを知っておいた方がいいでしょう。

注意点

予約の注意点

まず、注意したいのが予約です。普通だと当日に電話してもすぐに来てもらうことができますが、3Pになると女性を2人用意しないといけないのでお店としても大変です。出勤者が少ない時だと断られる可能性もあります。特にお気に入りの子を2人指名しようと思っているならさらにその可能性が高くなるので気をつけてください。確実に遊ぶためにも当日ではなく2日前や3日前くらいに電話をして、できるかどうかを聞いてみた方がいいです。前もって連絡をしておけば、店舗側もそれに合わせてシフトを組めます。お気に入りの子でプレイをしたいなら、もう少し早めに予約を入れた方がいいかもしれません。特に人気ナンバーワンやナンバーツーといった人になると指名がたくさん入っているので、複数プレイに参加できない場合もあります。早め早めに先手を打っておけば理想通りの展開になるはずです。

やりたいことを決めておく

そして、前もってどういったことをしたいのか、どういったことをして欲しいのかを考えておきましょう。実際にそういった夢のような状況になると何をすればいいのか分からなくなることが多いです。そうなるとただ寝ているだけで時間だけが過ぎてしまうこともあるので、それではもったいないです。一緒にフェラや手コキをしてもらいたい、スマタをしながらクンニをしたい、両方のおっぱいに顔を挟まれたいなどみなさん願望があると思うので、それを明確にして本番の時に恥ずかしがらずに伝えてください。金銭的理由でもしかするとこれが最後になるかもしれないので、やりたいことは全てやって後悔しないようにしましょう。

時間は長めに

また3Pをする時は普段よりも時間を長く設定した方がいいです。とても短時間では遊び足りないので90分や120分程度は必要かもしれません。45分くらいだとあっという間に終わってしまいます。時間は長いに越したことはないので、お金と相談しながらできる限りロングタイムコースを選びましょう。そうすれば、お風呂もシャワーだけではなく、浴槽に入ることができます。3人で浴槽に入ってイチャイチャすると今までにない興奮を味わうことができるはずです。こういったことに注意して遊べば複数プレイを心から満喫できると思います。

3Pにはもう1つ別の楽しみ方があります。それは女性同士のレズプレイです。女性同士でキスをしたり、おっぱいを舐めあったりする様子を生で見たいという方は、レズプレイができるかどうか尋ねてみましょう。

レズプレイが出来る

お客さんの中には、レズプレイ目的で3Pを依頼する方もおり、男性にとっては一種の憧れと言えます。しかし、レズプレイが苦手という女性も多いので、レズプレイが可能かどうか、事前に店側に確認を取っておく必要があります。

断られる場合がある

もともと3Pは女性同士の身体の接触が多くなるので、ある程度レズっ気のある女性や、相性の良い女性じゃないと務まらないという弱点があります。指名が1人あるいは両方フリーでしたら、店側が相性の良い女性を選んでくれるものですが、2人とも指名した場合、2人の相性が悪いと指名を断られる場合があります。また、レズプレイだけじゃなく3P自体苦手という女性もいるので、お気に入りの女性が3Pに応じてくれないこともあります。その場合は、残念ですが他の女性を当たりましよう。