逆ヘルスプレイで女の子にいたずらしちゃおう!

逆ヘルスプレイで女の子にいたずらしちゃおう!

逆ヘルスプレイとは?

デリヘルの基本コースの中に、逆ヘルスプレイというものがあります。逆ヘルスプレイとは、デリヘル嬢が受け身になり、男性が攻める側となるプレイです。普通は、女性が男性を気持ち良くするために全身を愛撫したり手コキしたりするのですが、その立場を入れ替えて女性に色々いたずらしていきます。男性がリードするので、自分の好きな様にプレイを持っていけるというメリットがありますし、自分のテクニックで喘ぐ女の子を見るのは気持ちが良いものです。また、自分が攻めることで「お客さん」という感覚が薄れ、まるで恋人を抱いているような気分になります。自分のテクニックを試してみたいという方、恋人のようなプレイがしたいという方に人気があります。

普段も実はやってる

基本コースの中に自然と組み込まれていることが多いので、特に気付かず行っていることも多いです。基本コースは、全体的に女性リードとなりますが、5~10分程度は男性が攻めとなって女の子のおっぱいやクリトリスを思う存分いじくる時間があると思います。女の子に手を取られておっぱいを揉ませてくれた時など、そのまま攻めに突入できるタイミングがあると思います。一部の時間ではなくずっと攻めていたいという方のために、専用コースもあるので、気軽に相談してみましよう。

女性から見てどうなの?

ちなみに、自分が受け身に回る逆ヘルスプレイについて、女性はどのように考えているのでしょうか。実は、女性から積極的にサービスをしなくてよいこのプレイは、彼女たちの間で人気があります。次に何をすればいいのかあまり考えなくて済みますし、テクニックに自信がなくても勤まるので、経験の少ない女の子ほど安心できるといいます。男性が一生懸命動いてくれるので体力も使いませんし、それで自分を気持ち良くしてくれるなら最高ですよね。

一方的にしすぎるのはダメ

ただし、男性リードの場合興奮してくると一方的な行為になりやすく、女性の反応を無視して自分のやりたいことだけやる、という場合もあるようです。その場合、当然女の子の気持ちは冷めてしまいますし、嫌がる行為を強要するようであれば、その時点でサービス終了ということもあります。特に指入れやアナル舐めなどはNGという女の子も多いので、事前に確認しておいた方がよいでしょう。いつもはOKのプレイであっても、その日の体調によってダメという場合もあります。たとえば、お腹の調子が悪くていつ便意が来るのか分からないという時に指入れするのは、男性にとっても危険ですよね。

女性によって変わる

もう1つ注意したいのは、女性によって感じ方に違いがあるということです。攻められることを「気持ち良くしてくれるからスキ!」と思う女の子もあれば、Sっ気が強くて「攻められるのはイヤ!私が攻めたい!」と思う女の子もいます。その場合、同じように攻めても当然反応が違いますよね。せっかく自分が攻める側に回るのですから、同じ行為でも気持ち良く感じてくれる相手と行った方が、お互いの気持ちも満たされます。女の子を指名する時は、そのプロフィールにS度やM度などが書かれていることがありますので、そのような情報はなるべく活用しましょう。