「素股」という武器

「素股」という武器

素股とは?

デリヘルの目玉といえば、やはり「素股」ではないでしょうか。「素股」とは、聞きなれない人には聞き慣れない言葉かもしれません。が、デリヘルではこの「素股」が基本といえば基本なのです。女の子たちの仕事は、主に男性を手、口で気持よくさせて抜く、というのが基本にあります。しかし、素股も忘れてはいけません。素股というのはどういうものかと言いますと、男性が寝そべり、女性が騎乗位の格好で上に乗っかり、言葉通り「股」で息子を刺激して抜くという行為です。本番行為ではありません。

女性によって変わる

この素股も、女の子によってはいろいろです。やはりベテランの人だと、上手です。もしかして、入っちゃってるのかも!?と思わせるテクニックは、やはり上級者ではないでしょうか。実際、入っちゃってることなど一度たりとないのですけどね。そう思わせるのがテクニックなのだと思います。そういう人たちは、うまくローションも利用しています。滑りをよくするために必要ではありますが、あまりにもぬるぬるすぎて錯覚してしまうのかもしれません。あとは、中に入ってしまわないように、うまく息子を押さえこんでいるというか、なんというか。あのテクニックも素晴らしいものがあります。

新人の子でも新鮮

新人の女の子などに素股をお願いしてみると、これもまた新鮮で楽しいものです。中には素股自体をあまり知らないという子もいるので驚きますが……。店に出る前に講習もあるとは思うのですが、聞いてみると、手と口の講習はあったけど……という女の子が意外に多くて驚きます。最近、素股というのは流行っていないのでしょうか? そんなことはないと思うのですが……。

教えてあげるのも楽しい

とにかく、何もしらない女の子たちに素股を教えてあげたことが何度かあるぐらい、浸透していないようなのです。でもこの教えるのもなかなか楽しいものでして。多少、ちょっと痛い思いをしたりもしますが、これもまた刺激の一つとして思えば楽しいものです。まず、男性自身が中に入ってしまわないように、こうするんだよ、と押さえつけ方から教えるわけですが、そのもどかしそうな仕草がそそります。おかしな話ですが、セックスのいろはを知らない初心な女の子に手取り足取り教えてあげているような気持ちになってくるのです。これももしかすると、いわゆる一つのプレイになるのでしょうか。そうして押さえつけ方を教えたあと、ローションを塗って云々、こうして、ああして、と指導をするわけですが。この時にも痛みが多少あったりします。強く押さえつけられたりとか、強くこすられ過ぎたりとか。この辺りも我慢せずにきちんと教えてあげたほうがいいと思って、私は口にするようにしています。加減を知らないと、今後もお客さんに同じことをして、素股はもういい、って言われるのがかわいそうだからです。

そんな指導で最初から最後まで時間を使ったこともあります。でも、昔教えた子などと再び呼んで会うことになり、素股をプレイしてもらうと、当時よりも格段に上手になっていて、なんともいえない寂しい感じと、嬉しい感じがごちゃ混ぜになったりします。うまく言葉には表せませんが、ちゃんとうまくなっているという喜びと、自分以外の客で相当練習したんだろうなぁ、という小さな嫉妬でしょうか。男なら誰もが持ってしまう感情の一つだと思うので、口にはしませんが。

素股は立派な武器

しかし、素股というのは立派な武器になると思うんです。ちゃんと気持ちよくすることができるようになれば、女の子としても凄い武器です。ぜひ女の子たちにはマスターしてもらいたいものです。というのも、これは格好もいいんですよね。騎乗位の形でするのが基本なので、女の子が体の上にきます。下から見る胸元のアングルとか、一生懸命の顔とか、やはりそそられてしまうわけです。そのあたりのことも女の子に話すと、そんなところで色気を感じるのかと驚かれましたが、男という生き物はそういうものなのです。ぜひ、まだ味わっていない男性も、したことがない女性も、マスターしてもらえたら楽しくなると思います。